ギター工房オデッセイ

Odyssey Guitar Craft

Gibson Hummingbird

戻る
Gibson Hummingbird
京都府にお住まいのK.S.さんからGibson Hummingbirdのリペアご依頼をいただき、アジャスタブルサドル・スロット化、フレット交換、ブリッジプレート・リペアなどを含むトータル・リペアを行いました。
リペア後のギターを受け取られて、K.S.さんからとても暖かいメッセージが届きました。

樋口様

お世話になります。K.S.です。本日、無事にハミングバードを受け取り致しました。
ご丁寧にご連絡を頂いておりましてありがとうございます。

ケースから出して少し弾いてみましたが・・・見違える様な音色になっており大変感激いたしました。
期待はもちろんしていたのですが、ここまで変化するとは。。有難うございました。
しかし見事ですね・・。あんなに鳴らなかったギターだったのに。

明日からは時間を見つけては弾き倒すことになると思います。
また今後もリペアについて相談させて頂きたく宜しくお願い致します。

それでは失礼いたします。

K.S.さん、早速の暖かいメッセージをいただき、誠にありがとうございました。

今回、弦周りのトータルリペアを行うことで、仰るとおり見違える音色を奏でてくれるギターに変身しました。
リペア前はまるでAMラジオから聞こえてくるような悲しい音色だったのですが、リペア後はバリバリの生音を発してくれました。
やはりアジャスタブル・サドルを埋木してスロット・サドル化したこと、フレット山の形状を整形したこと、ナット、サドル、ブリッジピンをTUSQ化したことなど、全てのリペア実施項目が効果を発揮したのだと思います。

リペア後のギターにご満足いただけて、私もとても嬉しい気持ちでいっぱいです。
これからも「きれいな音色のHummingbird」と一緒に素敵なギターライフをお送りください。

この度は弊工房にリペアのご依頼をいただき、本当にありがとうございました。
重ねてお礼を申し上げますとともに、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

アジャスタブル・サドル・スロット化

1.アジャスタブルサドルです。
2.特徴的な外観ですが、ギターの音響特性的には極めて問題のある構造になっています。

3.一旦サドル溝を埋木してスロットサドル化による音響特性改善を行います。
4.サドルを取り外しました。溝の下に接着剤が残っています。

5.底面をクリーニングしました。
6.サドル溝より少し大きめにローズウッド材を切り出しました。

7.サドルスロット・サイズに合わせてピッタリのスラブを切り出しました。
8.ブリッジ上面に合わせて切り取りました。

9.さらに調整を行い、ブリッジ上面ギリギリまで埋木を削りました。
10.サドル位置記録用のマスキングテープを貼りました。

11.ブリッジピンと共にイントネーターを取り付け、サウンドホールにチューナーを付けました。
12.すべてのフレットのピッチを確認していきます。ピッチがずれている場合は、イントネーターのサドルピーク位置を調整します。

13.サドル山位置とサドル溝位置を重ねていたマスキングテープに書き込んでおきます。
14.サドル溝加工ジグを取り付けました。

15.トリマのビット先端がサドル溝をなぞるように位置を微調整します。
16.サドル溝を掘っています。

サドル溝加工ジグとトリマで溝加工を行っている様子です。


17.マスキングテープを剥がします。
18.ジグも取り外し、サドルスロット化ができました。あとはサドル作製を行いましょう。

フレット交換

1.フレットを抜いていきましょう。はんだごてでフレットを暖めながらゆっくり抜いていきます。
2.フィンガーボードを傷つけないように最後までゆっくりと抜いていきます。

フレットを抜いている様子です。


3.フィンガーボードの平面性を確認します。
4.軽くサンディングします。

5.フレット溝の中のゴミ類を削り出します。このときもフレット溝エッジを傷つけないように注意します。
6.フィンガーボードをクリーニングします。

7.フレットプレスの準備が整いました。
8.フィンガーボードの湾曲度(アール)を計測します。

9.フレットベンダーでフレットにアールをつけていきます。
10.フレットをフィンガーボード幅よりも少し大きめに切り取ります。

11.タングニッパでタング部をカットします。
12.タング部処理を終えたフレット端です。

13.第一のフレットプレス・ジグです。
14.アールにあった先端ビットをジグのプレス部に固定します。

15.ジグをサウンドホールから入れていきます。
16.ハンドルを回してフレットをプレスします。

17.ボディとネックの接合部分付近まで、この要領でプレスを進めていきます。
18.2つ目のジグはこのように固定します。

19.ネジを締めてフレットをプレスしていきます。
20.順にプレスを進めていきます。

21.3つ目のジグで残りのフレットをプレスしていきます。
22.すべてのフレット打ち込みが終わりました。

フレットプレスの様子です。


23.打ち込み終わったフレットの端は飛び出ています。
24.飛び出した部分をカットします。このとき切れ端が行方不明にならないように指先で受けます。

25.カットしたフレット端です。
26.カットしたフレット片は失わないように一カ所にまとめておきます。

27.専用のヤスリを使ってフレット端を整形します。
28.1弦側のフレット端も同じように整形します。

フレット端整形の様子です。


29.整形されたフレット端です。
30.さらにフレット・エンド・ドレッシング・ファイルでバリを取っていきます。

31.引き続いてフレットすりあわせを行いましょう。マスキングテープでフィンガーボードを保護します。
32.ボディもアクリル板でカバーしました。

33.直定規を乗せて、フレット山が凹んでいる箇所にマークを入れます。
34.マークされた部分を中心にフラットファイルでサンディングします。

35.平らになったフレット山を専用のヤスリで丸くしていきます。
36.紙ヤスリ(#400)で粗研磨します。

37.さらにスチールウールで研磨を進めます。
38.最後はコンパウンドで磨き上げます。

39.プロテクタ類を外しましょう。
40.ピカピカのフレットになりました。

リペア前後のフレット端

41.オリジナルのフレット端の様子です。バインディング形状のためフィンガーボード幅を有効に生かせていない状態です。
42.フレットを抜いた後の様子です。

43.バインディング端を整地した様子です。
44.フレット交換後の端の様子です。フィンガーボード幅を有効に生かせるようになりました。

ブリッジプレート・リペア

1.ボディ内部ブリッジの裏側に取り付けられているブリッジプレートです。弦のエンドポールが食い込んでしまう状態になっています。
2.メイプル材からブリッジプレート・リペアのためのプラグを切り出します。

プラグを切り出している様子です。


3.完全に切り離さず、ぎりぎりのところで固定させておきます。
4.プラグの中央に小穴を開けます。位置決めのためにポンチで凹みを入れています。

5.小穴があいたプラグです。まだ材に固定されています。
6.切り出し終えたプラグたちです。

7.プラグの裏側には木目がわかるように線を入れておきます。
8.このカッタージグを使用して、ブリッジプレートの凹み加工を行います。

9.ブリッジ表面のハンドルを回して、カッターを回転させ、ブリッジプレートの凹み加工を行います。
10.ボディ内でカッターはこのようにブリッジプレートと接触しています。

11.1弦の凹み加工を終えたブリッジプレートです。
12.同様にして3,5弦の凹み加工も行いました。

13.マスキングテープの粘着面を外側にしてプラグを半固定します。
14.タイトボンドをプラグにつけて、小ネジを中央の穴にねじ込みます(この小ネジも半固定状態です)。

15.半固定状態でプラグをそっとブリッジプレートの下に運んでいきます。
16.1弦のプレート凹み部分にプラグを接着しました。小ネジは少し引き上げてプラグを固定した後、緩めとります。

17.1,3,5弦のプラグ固定が終わりました。このとき木目方向を確認しておきます。
18.アクリル板を挟んでマグネットクランプした後、固着を待ちます。

19.1,3,5弦のプラグ固着後、同じように2,4,6弦のプラグ接着を行います。
20.6弦すべてのプラグ接着を終えました。

21.固着したプラグにブリッジピン穴を開けます。プレート側に当て木を当てて一つずつ開けていきます。
22.クランプを避けるように長いドリルビットを使用します。

ブリッジピン穴を空けている様子です。


23.プラグにブリッジピン穴を開けました。
24.弦を張りました。エンドポールがプレートの上にしっかり固定されています。

ナット交換

1. オリジナルナットです。
2.当て木を当ててコンとたたいて外します。

ナット取り外しの様子です。


3. ナットを取り外したナット溝です。
4.ナット溝のクリーニングを行います。ナット溝に残った不要物を削り取っていきます。

5.クリーニング完了したナット溝です。ナットが溝と直接触れることによってギターの音色の改善が期待できます。
6.ネック幅に合わせてナットスラブを切り出します。

7.フラットファイルを使ってナットの平面を削り出します。
8.ナット溝にピッタリはまるようになりました。

9.1弦側からもナットの密着を確認します。
10.逆光を利用すると密着度の確認が効率的に行えます。

11.ナットのサイドもこの段階で面取り加工しておきます。
12.目視および指で触ってネック、フィンガーボードと段差のないことを確認しておきます。

13.フレットの高さに合わせてケガキ線を入れます。
14.ナット上部を切り取りました。

15.ヘッド側に放物曲面を削り込んでいきます。
16.ナットらしくなってきました。

17.目標の弦溝位置を読みとります。(1弦と6弦の位置で他の弦の位置が決まります)
18.弦溝位置を新しいナットに書き込みます。

19.弦溝を専用のヤスリで彫り込んでいきます。
20.弦高調整前のナットです。

21.弦を張って弦高調整を行います。2フレットを指で押さえて1フレットと弦の隙間がギリギリに下がるまでナット高を下げます。
22.ストリングリフターで弦を待避させて、ナット溝を徐々に下げていきます。

23.ナット高調整前の弦溝です。
24.弦高調整後のナット弦溝です。

25.他の弦も同じ要領で調整しました。弦高調整後のナットです。
26.ナットと弦の接触面積と角度を最適化することによってギターの音色は大きく変わります。

ピッチ調整~サドル作製

1.サウンドホールにチューナー、サドル位置にイントネーターを取り付けました。
2.すべてのフレットのピッチを確認していきます。ピッチがずれている場合は、イントネーターのサドルピーク位置を調整します。

3.サドル山位置を書き写していきます。
4.サドル溝に合わせてサドルスラブを切り出します。

5.サドルの底はフラットファイルで平面をつけていきます。
6.サドル溝にピッタリはまるように加工できました。

7.サドルの端も溝にピッタリはまっていることを確認します
8.ピッチ調整時に確認したサドル高をサドルに書き込んでいきます。

9.サドル高の切り出しを終えました。
10.サドル高を切り出したサドル上部にピーク位置を書き写します。

11.サドルピーク位置を削りだしていきます。
12.ブリッジピン穴加工を行います。まず、糸鋸で弦の導出口をサドル側へ引き寄せます。

13.さらにミニルーターで弦の導出角度をつけていきます。
14.ブリッジピン穴加工を終えました。

15.サドルを取り付けました。
16.完成したブリッジとサドルです。

ピックアップ取り付け

1.L.R.Baggs社製のiBeam Activeを」取り付けます。
2.エンドピン・ジャック加工から始めましょう。

3.オリジナル・エンドピンを取り外しました。
4.マスキングテープで保護しました。

5.ジャック穴を空けました。
6.ジャックを取り付けました。

7.ブリッジプレートにピックアップを取り付けました。
8.ピックアップ取り付け完了です。

ペグ交換

1.オリジナル・ペグです。ガタ、バックラッシュが見られるため新しいものと交換します。
2.ペグを取り外しました。

3.ペグブッシュを取り付けました。
4.ペグ本体を取り付けていきます。

5.取り付けました。
6.弦を張ってチューニング安定感を確認しましょう。